2.身心の話

身心の話です。文字通り、身と心にまつわるさまざまな「記録」および雑記です。

1.鬱の数年

鬱(欝、うつ・・・)をやりました。おそらく分類でいうと、「古典うつ」「心因性うつ」だろうと思います。
数年の投薬治療やカウンセリング等を経て恢復し現在、これを公表するのに躊躇はなくなりました。
その個人的な「記録」です。

鬱はその背景も経験も十人十色、場合によっては十人十五色ともなるもので、治療をしている、治したいと思っている人にとって、残念ながら他人の鬱経験はあまり参考にはならないでしょう。
各々のケースに合った対処が必要です。
ですから、まずこの文章は単なる「記録」です。
それでも、一部でも参考になる話があるかもしれません。

2-1-0.鬱の数年・概略」から順番に読んでいくと比較的読みやすいと思います。


2.健康一般

身心にまつわるさまざまな雑記です。
いつの時代もメディアなどでは健康にまつわる話がたくさんあります。
でもおかしいと思うものもいっぱいで、根本的な何かが語られていないように思います。